兼六土地建物の注文住宅 家を建てることは考え続けること!

こんにちは。

兼六グループの会社でマイホームを建てたいと思っています。

兼六グループにある会社は注文住宅やリフォームを扱う兼六土地建物、分譲住宅「兼六パークタウンシリーズ」を扱う兼六ホーム、その他不動産を仲介したり売買する兼六不動産などです。兼六不動産に至っては、兼六土地建物でリフォームした時に貸家が必要な場合はその物件を仲介してくれるそうです。

わざわざ他の不動産屋に頼む必要がなくなるので、あっちこっちに行かなくてすみます。手間があまりかからないというのもいいところではないでしょうか。

さて、兼六土地建物の注文住宅でオーダーメイドの家を建てると決めたとしたら、どのような家にするか一から考えていくことになります。どの土地に建てるか、どのくらいの広さを設けるかも考えていくことになりますが、一から考えていき自由度の高い注文住宅は、裏を返せばそれだけ考えることが多いということにもなります。

もとからモデルやプランがある分譲住宅と違って時間がかかるのは仕方のないことです。

すぐに家を建てたいのか、時間をかけてでも思い通りの家を作りたいかは人によって変わるので、環境や家族構成、人生プランを先によく考えて練り上げて、その上でマイホームを考えていく必要があるでしょう。
今までのことやこれからのことも考えていかないとすると大きな話になってしまいます。しかし注文住宅は完成したら感動もひとしおでしょうし、こだわった家だからこそ誇れるものもあります。おそらく一生に一度の大きな買い物をとことんこだわるのも素敵なことだと思うので、注文住宅へのあこがれは強いです。
posted by kanae1112 at 21:38日記

兼六ホームの空気へのこだわりとは

こんにちは。兼六グループで住宅探しをしていますが、兼六土地建物の注文住宅にするか兼六ホームの分譲住宅にするかで長いこと悩んでいます。

そんな時兼六ホームのこだわりについて見ていたのですが、快適で安全な空気品質に対するこだわりが目にとまりました。

空気は人間が生きていくために欠かせないものです。あたりまえのことですよね。その質に影響があることは知っているけれど、気にする人、気をつけている人は少ないかもしれません。

転地療養という言葉があります。これは。都会から田舎の緑の多いところに移り、綺麗な空気を吸いながら身体を回復させる方法のことです。ただ単に綺麗な空気を吸って内部から身体を浄化するだけではなく、緑を見るだけでも癒しの効果があるため、精神的にも回復すると言われています。今でこそ医術の進歩は目覚ましいですが、それほど進歩していなかった昔ほど行われる傾向にありました。

それを知ってか知らずかは分かりませんが、兼六ホームが快適な空気の流れを考えて家づくりをするのがどれだけ大切なことかはわかってもらえたでしょう。

さらに兼六ホームは、空気の流れも考えています。基本的に家は密室の状態です。数分空気の入れ替えを行ったとしても、誰もいない部屋があるとその部屋はやはり閉め切られた状態で空気がこもってしまいます。冬場なら乾燥していてウイルスが活発になる環境を作ってしまいますし、夏場なら湿度が高くて結露などがおきます。結露はすぐ拭き取ればいいですが発生が予測できるものではないし、一日に何度も拭ける物でもありません。予防策として常に空気が流れ適切な湿度が保たれている必要があります。そこにこだわった兼六ホームの住宅ならいつでも快適な部屋を保てると思ったので魅力的です。
posted by kanae1112 at 19:52日記