注文住宅だけでない兼六土地建物

兼六グループで住宅探しを始めてもう何か月経ったのでしょうか…。

まず兼六ホームの分譲住宅にするのか、はたまた兼六土地建物の注文住宅にするのか。それだけで長いこと悩んでしまっているのですが、どちらにも魅力がたくさんあるから悩むのも仕方ないと思います。

それに、一生に何度とない住宅の購入なので、長い時間をかけてこそいいものが見つけられるのではと信じています。

兼六グループの会社にお願いしようというのは決まっているので、あとは分譲か注文か、それだけです。

兼六土地建物ですが、注文住宅だけではなくリフォームも扱っています。

リフォームしてくれる時は兼六不動産が貸家の提案をしてくれるみたいなので、すべて兼六グループにお任せできると思いました。いたれりつくせりってやつだと思います。

家の存在は帰る場所として、安らぎの場所として、生活する場所としてなど色々な意味を持ちます。働いている人で家に帰りたくないと思う人はいないと思います。

自分や家族がリラックスできるように場所を作るためには色々な要素を取り入れないといけないですが、それすら楽しんで家作りが出来ると理想的でしょう。

家族とは言えそれぞれ別の人間ですし、趣味や考えも違うと思います。それをどうやって一つの家の中に取り入れていくのか。私はまだそれを考えるまでたどり着いていないのですが、考え始めたら絶対に楽しいはずです。住むところのことを考えられるのですから。
早くその段階までたどり着けるように、まずは兼六ホームと兼六土地建物どちらにするのか、まだ時間はかかるかもしれませんがじっくり考えていこうと思います。
posted by kanae1112 at 20:10日記

兼六ホームと兼六土地建物 魅力を感じる住宅

兼六グループで住宅探しをしています。

魅力を感じる住宅は色々なものがありますが、兼六土地建物は注文住宅を、兼六ホームは分譲住宅を扱っていて全く違います。どちらも兼六グループ内の会社なので工法などは共通している部分があると思いますが、一から作っていく注文住宅と既にデザインがある程度決まっている分譲住宅とでは選ぶ際に迷いますよね。

まさに私がずっとそれで悩んでいるんです(笑)

私はどちらも魅力的だと思うのですが、施工期間が違うということは念頭に入れておかなければいけないと思っています。

兼六土地建物は注文住宅なのでまずどのような間取り、デザイン、形の家にするか話し合いを重ねていくことになるでしょう。それだけで時間がかかります。

一方兼六ホームの分譲住宅は、あらかじめ基本のプランで兼六建設が建ててくれているので、それをもとに間取りを少し変更したり広さを変更することになります。

兼六ホームはこの家づくりを「想像邸宅」として紹介していますが、少し注文住宅の要素を取り入れていて一般の分譲住宅よりも自由度が上がっていると思います。

どちらを選ぶにしても自分の希望や理想を照らし合わせていけるので、それで悩んでしまっています。

たくさん悩んで当たり前の内容ではありますが、そろそろ腹をくくって決断したいと思います。

行動を起こさなければ進むものも進まないですからね。

親や友人など、家を買ったことがありそうな人にも相談して色々な意見を聞いて、自分の視野を広くしたいと思います。
時間はかかりますが、住宅探しは楽しいですね。
posted by kanae1112 at 19:32日記