兼六土地建物 100年住める住宅を

こんにちは!
兼六土地建物で「兼六の家」と呼ばれる注文住宅を建てたいと思っています。
兼六土地建物は兼六グループの注文住宅やリフォームを扱っていて、分譲住宅は兼六ホームが扱っています。
兼六不動産は兼六グループの不動産の仲介をしてくれるところで、リフォームする際の貸家も紹介してくれます。非常に便利だと思います。

さて、兼六土地建物の「兼六の家」では100年住宅という丈夫でエコな住宅を提案しています。
これは、兼六グループの行うメンテナンスや工事などを受けつつその家に100年住み続けられる、というものです。
一人の人がその家に100年住むことまずありませんが、100年住み続けられるほど丈夫な家を提供している兼六土地建物は信頼と実績を積み重ねています。
今までいろいろな住宅の情報を見てきましたが、100年住宅という言葉は初めて聞きました。それだけ丈夫な家に作ればメンテナンスしながらだとしても、長い年月で受け継がれていくと思います。自分が生きた証を何らかの形で残せるというのは嬉しいですよね。
住宅は不動産という名の立派な資産です。自分の資産を家族にどう残していくか、早いうちから考えておくと良いと思います。
もし自分が100年住宅を建てたら、自分の代以降のことは干渉できませんが、できるだけ永く家を残してほしいと思います。先を見据えすぎかもしれませんが、考えて損をすることはないでしょう。
兼六土地建物は未来のことも考えた住宅を作っていると思います。
posted by kanae1112 at 19:37日記

窓ガラスにもこだわる兼六ホーム

こんにちは!今回は兼六ホームの窓ガラスとサッシについて紹介したいと思います。
この二つが何に関係しているかというと、断熱です。ガラスとサッシの質を変えることで断熱効果が上がり、結露を防ぐことにつながります。
結露を防ぐことができれば、室内の湿度が必要以上に上がることがなくなるので快適になる…ということです。
さて、その窓ガラスとサッシですが、兼六ホームの住宅では全居室に遮熱・高断熱Low-E複層ガラスを採用しています。
外気と常に接し、窓際の温度に影響を与える窓のサッシには、このガラスを採用することで寒気の流入をカット・冷暖房効果を向上させることに加え結露も防ぎます。
このガラスは室内側ガラスに特殊金属膜をコーティングした特殊なものなので、一般の複層ガラスに比べ遮熱効果が上がり、夏には強い日差しをカットし冷房効果をアップしてくれます。
日焼けの原因になる紫外線までカットしてくれるので肌はもちろん、室内に置かれているものの日焼け防止にもつながるでしょう。
遮熱や断熱だけでなく、高い気密性ですきま風を起こさなくしているのも嬉しい点だと思います!
これだけ高性能な窓ガラスとサッシが備わっていれば、電気代を抑えられ懐にもやさしいです。
住宅の性能に頼る場合は多いと思いますが、こうして兼六土地建物や兼六ホームのように新しい素材・工夫を採用しているならそれに頼らない理由がありません(^_^)
住宅探しをしていると、こういう新しい技術にめぐり合えることが何より楽しく感じます。
posted by kanae1112 at 20:14日記

自分にとって最適な住宅とは

自分にとって最適な住まいを求め、兼六グループで探しています。
兼六グループのサイトで見られる物件は色々ありますが、大きく分類すると注文住宅、分譲住宅、その他の物件です。
私たちはそれぞれ家庭の環境や住んでいる場所が全く違うので、最適な住宅の種類も変わります。
家庭の数だけパターンが分かれるので、不動産屋の方とよく相談して住宅のことを決めると良いと思います。
また、現在のことだけでなく未来のことも考える必要があります。子どもが生まれる、二世帯住宅になるなどが考えられます。家の中に人が増えたらその都度リフォームなどして住みやすいようにする必要も出てきます。
何が言いたいかと言うと、つまりいつも未来のことを考えて計画的に行動しなければいけないということです。
家の購入は特にそうです。人生の中で一、二を争う大きな買い物ですし、自分だけでなく家族も関係してきます。
できれば時間がかかってでも家に関わる多くの人のことを考えた家作りをしていきたいものです。
簡単にできるかといったらそうではないと思いますが、兼六土地建物や兼六ホームにはしっかり意見を聞いて最適なものを提案してくれる方たちがいます。その方たちのアドバイスをしっかり受け止めていけばその家庭に最適な住宅が手に入ると思います。
長い人生を共にしていく最適な家を見つけるのは時間がかかることかもしれませんが、それだけ良い家が見つけられるということだと思います。
自分も直に関わってくることなので、積極的にどんどんアイデアを提案していきたいと思いました。
posted by kanae1112 at 19:59日記