横浜の家に便利な親子ドアを提案する兼六土地建物

横浜に新しく家を建て引っ越しをするときは、玄関が狭く新居に家具や家電製品が入らないことは良くあります。
せっかく新しく買った家具や家電製品が入らないことも、少なくはありません。
家具や家電製品が新居に入らない場合は、リビングなどの窓から入れたり、二階から直接入れるしかありません。
そのため、手間が余計にかかることになります。
家具や家電製品が入らない問題は、玄関の間口を広くしておけば解決可能です。
しかし、間口を広くすればそれだけ玄関ドアが大きくなるので、普段の開け閉めが大変になります。
そこで玄関ドアに採用したいのが、親子ドアです。
親子ドアとは、サイズの違う2つのドアが観音開きになっているドアのことです。
普段は大きなドアだけ使って小さなドアは鍵をかけておき、必要なときだけ閉めっぱなしになっている小さなドアを開ければ、玄関の間口を広げることができます。
ちょっとした工夫で、使い勝手を損なわず大型の家具や家電製品の搬入にも便利になるのです。
こうした住宅の使い勝手を上げる提案は、兼六土地建物なら積極的に行なってくれます。
始めて家を建てる人は、親子ドアなどの住宅設備について知らない人がほとんどです。
しかし、横浜に家を建てるときに兼六土地建物を選べば、様々な問題を想定したアドバイスをしてくれます。
他にも兼六土地建物は有益なアドバイスをいくつもしてくれるので、問題のない家を横浜に建てることができるでしょう。
posted by kanae1112 at 19:49日記

トイレも凝りたい方は船橋の兼六土地建物なら対応可能

首都圏を中心に500以上のプロジェクトを推進し、美しい街並みを作り上げた実績のある船橋の兼六土地建物。
家の外観や街並みだけでなく、当然内装や住設備そして安全性にこだわった家づくりをしている会社です。

最新のシステムキッチンやシステムバスを取り入れ、収納スペースや部屋の間取りは住む人のライフスタイルに合わせたプランを提供しています。
トイレの便器は一般的に白が多いですが、違うカラーを選択することも可能です。
その他にも、フローリング、壁クロス、建具、キッチンパネル、浴室や洗面所の壁と床等、室内のさまざまな部分のカラーも選ぶことができます。
また外装や内装の相談時には有資格者の色彩のプロフェッショナルが同席し、要望に合ったカラーコーディネイトを提案してくれます。
予算、要望、思い描く新しい家での生活、家族構成、ライフスタイルをお客様と一緒に考えて、お客様が納得のいくプランを提案してくれるのが兼六土地建物です。

兼六土地建物では、地盤の基礎工事を最も重要な工事の一つととらえています。
その土地の地歴や地層などを検討し地盤調査を実施した上で、その土地に合った基礎工事を行っています。
万が一の地震の時、基礎がしっかり行われていると家は保持され、沈下や傾斜も防ぐことができます。
安心して快適に永く生活できるよう、アフターサービスは充実しており、きめ細かな定期点検も実施しています。

首都圏で、安心安全な住まい、外装内装にこだわった家づくりをお考えの方は、一度船橋の兼六建物にご相談されてみてはいかがでしょうか。
posted by kanae1112 at 18:49日記