横浜にある兼六土地建物でスロップシンクをつけてもらう

一戸建ての多くが庭付きの住宅になっています。少し広めの庭であれば、ペットを走らせてあげたり、休日にバーベキューを楽しむなど、様々な用途で楽しむことができます。それほど広くない庭であっても、日当たりの良いところを中心にして、お花を植えたり、家庭菜園を楽しむ人が増えています。特に定年退職したり高齢になると、自分のために使える時間が増えるので、美しい花を自分で育ててゆっくり愛でたいと感じる人が少なくありません。ガーデニングは終わりがありませんから、手をかければかけるほど、植物は元気に育って、花は美しい花を咲かせてくれます。そんな人たちのために、横浜にある兼六土地建物では、エクステリアのリフォームを行っています。横浜の兼六土地建物は当然ですが一戸建ての建設も行っていますが、さいきんは中古物件を購入してリフォームやリノベーションをして住むということが人気になっているので、一戸建てを建設する技術を生かしてリフォーム業も行っています。ガーデニングをする人にとって、手が土によごれることが多いですが、わざわざ家の中に戻って手洗いをするのは時間の無駄になります。そのため、庭の一角にスロップシンクという大型の流しを設置したいというのが、ガーデナーにとって憧れになっています。掃除用の流しとしての役目だけでなく、じょうろの水をためたり、鉢底の水を取り替えたりするときにスロップシンクは大活躍します。兼六土地建物では、ガーデニングを楽しむ人のためにスロップシンクを含めた、使い勝手の良いエクステリアを提案しています。
posted by kanae1112 at 17:47日記

大宮の兼六土地建物で床スラブを作ってもらう

日本は地震が多い国で、活断層が無数に存在していることがわかっていることから、どこに住んでいても地震の被害に遭う可能性があります。地震から逃れることができないのであれば、地震が起きても、対応できるような家を建設することが求められています。大宮にある兼六土地建物では、これまでに多くの住宅を建設してきましたが、家を建てる前に、地盤調査を行い、その土地に応じた補強工事を行っています。兼六土地建物は大宮だけでなく、都心を中心に通勤や通学に便利なエリアで住宅を建設していますが、すでに建てられている住宅のリフォーム工事も請け負っています。リフォーム工事を行う際にも、その前に家の強度や地盤調査を欠かすことなく行い、必要に応じて補強工事を行っています。兼六土地建物は、丈夫な家を作るためには、土台をしっかり工事することが必要だと考えています。そのため、兼六土地建物では、土台を作るときに網目状のワイヤーを張り巡らして、その間にコンクリートを流し込んで強い強度を得られるようにしています。そうすることで、地震や自然災害が起こっても家への被害を最小限に抑え、築年数がたってリフォームするときも土台がしっかりしているので工事がしやすくなります。さらに兼六土地建物は床構造を作って、面に垂直な荷重を支える床スラブを設置しています。床スラブを設置することで下からの圧力に強くなり、さらに遮音性を高めることができます。床スラブを設置することで梁を使わなくても柱で支えることができます。
posted by kanae1112 at 17:45日記

横浜の兼六土地建物でオーバーハングの住宅を建てる

横浜にある兼六土地建物は、首都圏を中心に1万棟以上の住宅を建設してきました。兼六土地建物がプロデュースをしている兼六パークタウンは、分譲住宅が立ち並ぶ住宅街として、多くの人が暮らしています。首都圏に通勤や通学がしやすく、周辺に病院や学校、ショッピングセンターがあるため、子供を育てている家族から高齢者まで、誰にとっても住みやすい地域として人気があります。横浜にある兼六土地建物は、分譲住宅だけでなく、注文住宅も請け負っています。土地の広さや周辺の環境、そして住人となる人たちのライフスタイルに合わせた家づくりを心掛けています。土地が広い場合は、家だけでなくエクステリアについても相談を請け負っていて、ガーデニングをしたいという要望があったときは日当たりの良い場所を選んである程度まで庭造りを行ったり、車を複数台所有しているときは立体駐車場にするなどの工夫をしています。また、土地がさほど広くないときは、オーバーハングの住宅を提案しています。オーバーハングの家は、下の階よりも上の階が張り出している設計になっていて、室内のスペースが広くなるのが魅力になっています。下の階の庭の広さを損なわずに、上の階の部屋を広く使うことができるようになっているので、さほど広くない場所に家を建てるときに有効な建設方法です。兼六土地建物は、家を建てる人の理想にできるだけ近づき、予算内に収められるように、スタッフが納得するまで相談にのっています。
posted by kanae1112 at 19:51日記