大宮の兼六土地建物で野地板のしっかりしたマイホーム

昨今の異常気象でゲリラ豪雨のことなどを考えると、マイホーム造りにあたっては雨漏りも心配です。雨漏りを防ぐには、屋根材の下に用いる野地板がしっかりしている建築方法を選ぶ必要があります。
大宮に、兼六土地建物という住宅分譲事業を行う会社があります。本社は吉祥寺にあって、大宮・船橋・横浜など住みたい街として人気のエリアには支店やモデルルームがあります。
兼六土地建物では、自社ブランドの兼六パークタウンを首都圏周辺で既に1万棟売り上げています。その人気の理由が、顧客目線の営業姿勢とリーズナブルな価格で希望を最大限取り入れてもらえることです。
通常の分譲住宅の販売では、完成間際に引き渡すという事情もあっていろいろな変更は受け入れてもらえないのが一般的です。そこが、兼六土地建物では内装や外装の素材などだけではなく、間取りからして変更が可能ということで大変人気が高くなっています。雨漏りの心配による、野地板の変更も同様です。
例えば東京への通勤・通学のアクセスが抜群のお大宮でゲリラ豪雨・雨漏りに強いマイホームをと考えるのであれば、まずは大宮のショールームに行って希望を具体的に伝えるのが一番です。兼六土地建物のショールームでは、営業スタッフが丁寧にお客様の希望を聞き取り、イメージが具体化するように写真やカタログに加えて各種のサンプル素材なども使って打ち合わせをしてくれます。しっくりくるものが見つかるままで、何度でも調整をしてくれるので希望のマイホームが建てられます。
気になる価格については、兼六土地建物てはお客様のこだわりポイントにはグレードアップなど予算をかけ、全体で調整するという方式で最初の予算が大きく変わらないよう打ち合わせを進めています。つまり、分譲住宅の価格でこだわりを叶えた注文住宅並みの理想のマイホームが建てられるということで、大変人気が高くなっています。
posted by kanae1112 at 17:45日記

横浜の兼六土地建物でスロップシンクのあるマイホーム

兼六土地建物は、兼六パークタウンブランドをメインに主に首都圏で住宅の分譲事業を手掛ける会社です。本社は武蔵野市吉祥寺にあり、横浜や船橋、大宮といった多くの方が住まい造りを考える人気のエリアに支店やモデルルームを設けています。
兼六土地建物では、首都圏で既に1万棟以上の住宅を分譲しています。兼六土地建物が多くの方に選ばれる理由のひとつが、顧客の希望を最大限に重視・実現する姿勢ではないでしょうか。と言うのは、通常分譲住宅では完成間近での引き渡しという事情もあって、いろいろな変更は受け入れてもらえないのが普通ですが兼六土地建物ならばそれが可能です。壁や床といった内装、外壁のタイプなどばかりではなく、間取りそのものの変更にもできる限りは応じてもらえるというのですから驚きですね。
つまり、分譲住宅でありながら注文住宅なみの対応をしてもらえるということです。
気になる価格ですが、お客様の希望にできる限り沿うというスタンスの兼六土地建物では、こだわりの部分にはグレードアップした素材を使いながら全体では調整をするという独自の方式によって、当初の予算を大きく上回らない工夫をしています。分譲住宅の価格で注文住宅のような理想のマイホームを建ててもらえるということです。
横浜は、神奈川県一番の都市で住みたい街としても人気があります。この横浜で、例えばスロップシンクにこだわったマイホームを考えているということなら、早速兼六土地のモデルルームに行かれてはどうでしょうか。モデルルームでは、営業スタッフの方がお客様の希望を丁寧に聞きとってサンプルなどを各種みせてもらえます。スロップシンクであれば、室内用かベランダ・庭など室外用か、用途などに合わせて形やカラーなどいろいろなサンプルを見せてもらえるでしょう。
posted by kanae1112 at 00:00日記

兼六土地建物が建てたニッチの家は評判が良いです

自分の家を建てるとなりと、細かい部分も気になってくるものです。
昨今は、ニッチを希望する人が目立って増えてきました。
ニッチというのは、壁の一部にくぼみを入れた部位のことを指しています。
空間の中に少しばかりの緊張感をもたらす役割を果たすのです。
そんな希望にも柔軟かつ適切に対応するのが、兼六土地建物です。
兼六土地建物は、東京の吉祥寺に本社事務所があり、注文住宅の設計施工を業務としている建築会社です。
大宮や横浜、船橋にも支店を持ち、首都圏で積極的に業務展開を行っています。
兼六土地建物は実績が多く、独自の技術力やノウハウを豊富に持っております。
ですから、顧客からの無理難題にも対応しているというのが、同社の評判のいい理由なのです。
実際に、同社で家を建てた人の忌憚ない意見でよくあるのは、スタッフが手間暇を惜しまずに顧客対応をするという点です。
プランの提案も何回も行いますし、図面の書き直しも顧客が納得するまで何回もやるのです。
また、工事品質にも非常に重大視しており、住宅の建築施工にあたっては、下請けに回すことなく、必ず自社施工を行っています。
仕上がりに対する責任を持っているからです。
そんな姿勢に、顧客からは大きな共感が寄せられています。
また、兼六土地建物は顧客目線で考えて行動するという方向性が、全社的に共有されています。
顧客の希望をできる限り取り入れていこうとする兼六土地建物の業務方針は高く評価されており、評判は上々です。
posted by kanae1112 at 16:47日記