大宮の兼六土地建物で床スラブにこだわったマイホーム

兼六土地建物という、住宅の分譲・土地など不動産の仲介・リフォーム事業などを手がける会社があります。本社は多くの人が住みたい街としてあこがれる東京の吉祥寺にあり、大宮・横浜・船橋といった人気のエリアには支店やモデルルームがあります。
兼六土地建物では、自社ブランドの分譲住宅を関東近辺で既に1万棟以上販売しています。この実績は、兼六土地建物のお客様の立場に立った営業スタイルによって多くの方に選ばれた結果でしょう。兼六土地建物では、お客様の理想通りのマイホーム造りのために何度でも打ち合わせや見積もりを繰り返してその都度報告書を作成しています。お客様のイメージ通りのプランが見つかるまで、地道な作業をくり返すスタイルがこの会社の人気の理由のひとつになっています。
例えば大宮で床スラブにこだわったマイホームを建てたいということであれば、大宮の兼六土地建物のモデルルームに行って相談をすればいろいろなサンプル素材なども見せてもらえます。写真やカタログ、図面などではわからない実際の感触を確かめることができますから、もしもそれがイメージと違うものであれば、遠慮なく伝えることで別のサンプルに交換してもらえます。こうした打ち合わせを繰り返していくことで、120パーセントお客様の希望に合ったマイホームのプランを探していくのが兼六土地の基本姿勢です。
大宮は東京へのアクセスが抜群の街で、多くの方が住まい探しをするエリアです。兼六土地では大宮での販売実績からいろいろな要望・希望への対応が可能です。
posted by kanae1112 at 00:00日記

兼六土地建物が施工した船橋のスキップフロアの家で暮らす

首都圏で事業を展開している兼六土地建物は、大宮、横浜、船橋にも拠点を持っています。
兼六グループの一員であるという利点をいかし、兼六土地建物は、注文住宅事業のほか、中古住宅などの仲介事業、分譲住宅の設計や施工、販売を行う事業と幅広い業務を行っています。
都心へのアクセスも良い船橋市は、ここ最近住みたい街として注目を集めています。商業施設や公的機関などが充実している環境は、幅広い年代の方にとって利便性が高いことも人気の理由です。
兼六土地建物は顧客の立場に立った住まいづくりをモットーにしている会社です。
一般に分譲住宅というと、間取りはもちろん内装や外装等の変更はとても難しいものです。
ところが兼六土地建物は、床や壁をはじめ、外装、間取り、あらゆる変更に応じることが可能です。
建築に関するスキルや豊富な専門知識を活かし、困難な状況であってもそれを乗り越える手法を駆使してくれます。
暮らしやすい、好みの家を持ちたいと考えている人に積極的なサポートをしてくれるのです。
そのような姿勢が顧客満足度の高さにつながっています。
中でも得意としているのはスキップフロアです。スキップフロアとは床を半階ずつずらし、中2階のような居室を設ける設計のことで、デットゾーンの活用や解放感、居室の独立性、動線の短縮、収納スペースの確保などたくさんのメリットがあります。
より快適で住みやすい家づくりに兼六土地建物が強い味方になるでしょう。
posted by kanae1112 at 00:00日記

スロップシンク付きの家に特化した兼六土地建物の横浜支店

自宅におけるガーデニングなどを趣味にしている方には、家の外側に底の深いスロップシンクという流しがあることで、簡単に水やりなどの用事を済ませることができます。住宅建築や仲介などで有名な兼六土地建物という会社は、横浜にも拠点をかまえており、スロップシンク付きの家に関し、その取り扱いについて豊富な実績があります。兼六土地建物には、優秀なスタッフが揃えられていますので、住宅のことであれば何でも気軽に相談できます。同じ屋根の下で暮らしている方々と話し合う機会をもち、それぞれの人の趣味やライフスタイルを確認してみれば、お互いの距離を縮められます。そして、アウトドアやガーデニングなどが趣味だという方がいれば、当然ながら屋外で活動することが多くなりますので、スロップシンクを取り付けて欲しい、といった要望が出る可能性が高くなります。また、横浜の土地柄として海や山などが多く、自然豊かな環境になっていることを考えれば、アウトドアが好きな方がいても不思議ではありません。そんな方のために、手軽な形でホースから水を出せる状況を整えてあげていただきたいと感じます。兼六土地建物に依頼すれば、住む人が使いやすいように流しの設置場所についても熟考していただくことができます。単に設置するだけではなく、掃除用具などを置くことにも配慮した収納を一緒に取り付けていただくことも可能です。兼六土地建物という会社は、依頼者様の期待に応えられるように全力で取り組んでいる会社です。
posted by kanae1112 at 19:48日記